2023年7月13日更新:次回(第25回)のお知らせをアップしました。こちらからご確認下さい。

第15回

目次

テーマ:「医療従事者に対するメンタルヘルスケア 」

 大学病院で働く心理士の皆さん、また、医療機関における心理士の活動に関心のある皆さん、い かがお過ごしでしょうか。

  さて、「大学病院心理臨床家の集い」では、2001年の発足当時より、学閥や学派の垣根を越え、 医療機関で活躍する心理臨床家の日々の臨 床に役立つことを主眼においた企画を開催してきました 。

  今年の第15回集いのテーマは「医療従事者に対するメンタルヘルスケア―病院心理士の取り組み ―」です。医療機関勤務スタッフ、医師や看護師、コメディカルスタッフ、事務職員のメンタルヘ ルスケアは、バーンアウトという言葉で注目されておりその重要性が指摘されています。心理臨床 家が関わる場合には、同じ職場で働く仲間・関係者という多重関係、すでに精神疾患についてある 程度の知識を有する専門家へのケアなどさまざまな困難がありますが、これらは学会等の学術的な 場面では十分に取り上げられてこなかったテーマではないでしょうか。

  今回の集いでは、愛知、香川、東京から、医療従事スタッフのメンタルヘルスケアについて先進 的活動を積極的に行なっている3名の先生をお招きし、その現状や課題、心理臨床についての提言 等について話題を提供していただきます。その後のディスカッションでは、フロアの皆さんと一緒 に、医療従事者への心のケアについて本音で話し合っていきたいと思います。話題提供者は、井奈 波良一先生(岐阜大学、医師)、浅海明子先生(大樹会総合病院 回生病院、臨床心理士)、高橋千 佳先生(東京海上日動メディカルサービス株式会社、臨床心理士)です。

  医療機関における産業メンタルヘルス活動について考える貴重な機会となることと思います。こ のチャンスを生かして、普段の大きな学会では十分に聞くことのできない実際的な業務に関するざ っくばらんな質問などをお待ちします。そして私たちを取りまく現状を少しでも共有し、医療重視 者の心の健康を増進することに心理臨床家として貢献していければ幸いです。

  例年通り日本心理臨床学会大会に合わせ、今回の集いは愛知県名古屋市にて開催いたします。集 い後には懇親会も予定しております。医療従事者のメンタルヘルスや医療機関を対象とした心の支 援活動に関心を持っておられる先生、中部地方以外から参加されている先生、これから病院臨床に 取り組もうとされている大学院生の皆さんにもぜひこの集いにご参加いただき、自由な語らいの中 から有意義なひとときを過ごしていただければと存じます。


日時: 2012年9月15日(土) 18:30~20:45 (受付開始18:30~)
会 場 : 栄・宝第1ビル会議室702
  〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-5-1宝第1ビル7F
   *地下鉄「栄」駅または「伏見」駅から徒歩5分

話題提供
1.「医療従事者のメンタルヘルス-医師・看護師を対象とした調査から」
 井奈波良一 先生(岐阜大学大学院医学系研究科産業衛生学分野、医師)
2.「病院内職員健康管理室スタッフとしてのメンタルヘルス活動」
  浅海明子先生(社会医療法人財団大樹会総合病院 回生病院、臨床心理士)
3.「事業所外EAPから医療従事者へのメンタルヘルス活動」
  高橋千佳先生(東京海上日動メディカルサービス株式会社、臨床心理士)

司会 :
   元永 拓郎(帝京大学文学部、大学病院心理臨床家の集い 幹事)

▼参加条件:心理臨床家(所属・領域を限らない)で守秘義務を負っている方、もしくは、臨床心理 学系大学院生
*この集いは、大学病院勤務以外の心理臨床家も大歓迎です

▼参 加 費:3,000円(大学院生2,000円) 

▼懇親会費:4,000円程度 ※21:15頃より「世界の山ちゃん伏見錦通り店」TEL: 052-222-7102 で行います。

▼参加方法:
1.氏名・所属・電話番号・FAX番号・メールアドレスを明記の上、メールもしくはF AXでお申し込みください。
また、集い後の懇親会の参加・不参加もご記入ください。

2.申込先 電子メール:DAIGAKU_CPアットhotmail.com (事務局宛)
FAX :018-889-3387 [秋田大学教育文化学部 北島(FAX受付宛先)] (スパム対策のためメールアドレスを加工しています。メールする場合は” アット”を”@”に置き換えて宛先に指定して下さい。)

3.申込締切:2012年9月7日(金)  ※定員120名 先着順

平成24年7月吉日

大学病院心理臨床家の集い幹事一同
岩満優美(北里大学大学院)
 北島正人(秋田大学教育文化学部)
 酒井佳永(跡見学園女子大学)
 津川律子(日本大学文理学部)
 中野 彩 (帝京大学心理臨床センター)
 松野俊夫(日本大学板橋病院)
 元永拓郎(帝京大学文学部)
 森美加(東京慈恵医科大学病院)

※第15回を開催するにあたって、古井由美子先生(愛知医科大学病院)に多大なご協力をいただき ました。心より感謝申し上げます。

目次